化学反応させてみよう

白猫:それじゃあ、STEP3の話をはじめるぞ〜。
    STEP3では、“化学反応”について理解していく。

助手:化学反応〜ぅ…?

白猫:そうだ。
    例えば、フラスコの液体を混ぜ合わせてドッカーンってなるやつだ。

助手:そ…そんな危ないことするんですか…?

白猫:例えばの話だ。
    実際にドッカーンってなったら、洒落にならないぞ。

助手:そうですよね…。

白猫:ようするに“化学反応”とは
    「ある物質とある物質を混ぜ合わせて、別の物質を作る」
    ということなんだ。

助手:へぇ〜。なんだか手品みたいですね。

白猫:まぁ、そういうイメージを抱くかも知れないな。
    ところが、この話を読み終えた頃には、
    “化学反応”がそれほど不思議なものではないことに気付くはずだ。

助手:へぇー。そうなんですか。

白猫:まぁ、実際に見たほうが理解しやすいってことで、
    この場で“化学反応”を起こしてみようじゃねえか。

助手:この場でやるんですか〜?

白猫:なんのために、この部屋に実験器具を用意してあると思ってるんだ。

助手:なるほど。そのために用意してあったんですね。

白猫:当たり前だ。
    よーし、それじゃあ“化学反応”やってみよう〜!

化学41.jpg





 はじめに
 STEP0 なぜ化学が必要なのか
 STEP1 原子のはなし
 STEP2 分子のはなし

 STEP3 化学反応のはなし
  化学反応のはなし
  化学反応させてみよう ←位置情報
  水素のはなし
  水素原子と水素分子
  結合のはなし
  酸素のはなし
  化学反応って魔法?
  化学反応の種明かし
  化学反応のまとめ

 もっと化学を……



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。