四つの原子と元素記号

助手:えっ!?今、とんでもないことを言ったよね?
    100種類もある“原子”のうちの4種類を知っておくだけで、
    ほとんど全ての化学物質を理解できるぅ〜!?

白猫:そうだ。
    “ほとんど全て”というのは大袈裟かもしれないが、
    8割以上の化学物質を理解できると思っていい。

助手:ちょっと待って!それってすごい情報じゃないかぁ〜。
    4種類の原子を知っていれば、8割以上の化学物質を理解できるんでしょー!

白猫:そういうことだ。
    やっとオレッちの授業のすごさが分かったようだな。

助手:それじゃあ早速、その4種類の“原子”を教えてよ〜。

白猫:言われなくたって、これから紹介するところよっ。
    下の表を見てみろっ。

化学31.jpg


    これが、その4種類の“原子”だぁ!

助手:水素原子・酸素原子・窒素原子・炭素原子の4つということですね。
    ところで、アルファベットの“H O N C”って何ですか?

白猫:あぁ、それか。
    それは“元素記号”と言うんだが、
    それぞれの原子につけられた“ラベル”みたいなもんだな。

助手:ニックネームみたいなものですか?

白猫:おぉ、簡単に言うとそういうことだな。
    例えて言うなら、
    お前が悪いことして刑務所に入ったとするだろ…。

助手:なんで僕が刑務所に入るんですかっ!

白猫:そうすると、お前。
    名前でなく、番号で呼ばれるようになるんだぞっ。
    そういった感じの代物だな。

助手:縁起でもないこと言わないでください。

白猫:そんなことよりよ〜、
    これから化学を勉強していこうと思うなら、
    この4種類の元素の名前を覚えておいて欲しいんだよなぁ。
    まぁ、このサイトを読むだけなら、覚えなくてもいいんだけど…。

助手:それはそうですね。
    なんとか覚えてみます!

白猫:いやいや、いきなり覚えろって言われても無理だろ?
    そこで、オレッちが画期的な“語呂合わせ”を編み出した!
    そいつを紹介しよう!





 はじめに
 STEP0 なぜ化学が必要なのか
 STEP1 原子のはなし

 STEP2 分子のはなし
  分子のはなし
  原子の種類
  四つの原子と元素記号 ←位置情報
  元素記号の覚え方
  分子とは 1
  分子とは 2
  原子の手の数
  水をみてみよう
  ここめでのまとめ

 STEP3 化学反応のはなし
 もっと化学を……



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。